床をコーティングするタイミング

床のコーティングの施工

床のコーティングの施工

床のコーティングの施工 フローリングの床材を保護するために、コーティングを施工することが増えていますが、専門会社に依頼する方法であれば、仕上がりの品質はかなり良好にできます。
DIY作業でも決して不可能ではありませんが、専門会社の場合は素人では難しいガラス系の他、UV系にも対応できるので、長持ちさせたい方にはメリットが沢山あります。床のコーティング施工には、基本とされる流れがあり、まずは対象とする室内を綺麗に掃除する作業が行われます。床材の汚れを完全に落とす他に、埃が舞うようなことが起きないように、徹底した清掃が始まりです。次にマスキング処理を行う流れになり、床材と壁の境界部分の壁側にマスキングで養生をする方法です。その後は専用の溶剤を使ってモップ状の専用具を使って塗布していく手順です。塗り終えた後には溶剤や気温により違いがありますが、乾燥時間を待ってから完成となります。この一連の流れはどこに依頼をしても同様の手順を踏むことになり、例外はないものと判断できるのではないでしょうか。

フロアコーティングは長持ちする

フロアコーティングは長持ちする フローリングの床を保護し、寿命を長持ちさせる方法の代表例として挙げられるのが、ワックスがけとフロアコーティングです。前者は住む人が自ら行う日常的なお手入れであり、後者は内装業者が行う工事なので、一見するとまったく違う手法であるかのように考えられがちですが、共通点もあります。それは原料です。
英語のwaxはもともとはロウソクなどに使われる「蝋」という意味ですが、床面保護のために現在一般的に使われているのは、アクリルやウレタンなどの合成樹脂です。一方、コーティングに使われるのも、やはりアクリルやウレタンなどの樹脂が基本です。
では、両者の違いは何かというと、床材の上に作られる塗膜の硬さです。フロアコーティングの方が塗膜面が硬いため剥がれにくく、効果が長持ちします。そのため、耐用年数が短いものでも2~3年、最も高価なガラスコーティングだと20年近くはもちます。これに対し、ワックスの方は年に1~2回は塗り直しが必要です。

新着情報

◎2020/7/14

汚れから守る床コーティング
の情報を更新しました。

◎2020/5/14

傷つきはコーティングで予防
の情報を更新しました。

◎2020/3/16

床のコーティングの施工
の情報を更新しました。

◎2019/12/18

床コーティング後に引っ越し
の情報を更新しました。

◎2019/10/25

転居のタイミングでコーティング
の情報を更新しました。

◎2019/8/30

サイト公開しました

「コーティング 施工」
に関連するツイート
Twitter

プジョー納車して2年経つんだけど 納車前にガラス系コーティング施工してもらったんだけどもう1回やり直したいな。

返信先:いえ、ポリシラザン系の商品全てです。 ポリシラザン系のコーティングは石英ガラスに近いと言われていますが粘性が強すぎてかなり薄めないとまともに塗装面に塗れません。しかし施工できるほど薄めればもうほぼ溶媒しかないので全く意味のないコーティングの完成です。

コーティングは効果がない!とは言わないけど、盲目に施工しろ!は違うと思う。 10万だろうが、3万だろうが、やりっぱなしのコーティングは性能の1割しか発揮できないです。 コーティングに適したメンテナンスをしなくてはやらない方がマシです。…

返信先:作っちゃいましょう! 施工込みでもハイルーフ用+ワイドでも15万しませんよ😆 コーティングより効果的です😆

返信先:何が正解かは好みな気もしますが、僕はとにかく手抜きしたいので、施工頻度も少ないコーティング塗っときたいです😂 ブロアで終わらせたり👀